村田優大

自らの手で掘り、練った土を用いての作品制作を行っております。
今回は自然豊かな寺家という土地の土をお借りして、地中から伸びる土の塔を現地で制作させていただこうと考えています。
寺家の空気を感じながら、土を掘る、練るといった行為を通じ、この場所との交信を図ります。